So-net無料ブログ作成

偽装不倫最終回感想!宮沢氷魚さんのサングラス姿がいい!ミレイさんのusもいい! [日本テレビ]

スポンサーリンク





​2019年9月11日の最終回の放送を観ました。


分かりづらいというか、分かりにくいと言いますか、どちらとも言えるストーリーではなかったかと思います。


■葉子(仲間由紀恵)さんにしても、鐘子(杏)さんにしても、心から好きだと思える人と一緒になれたのは、良かったですね。


しかしながら、観ているほうは、少しじれったくて、いらいらしたところは、正直ありました。


■伴野丈(宮沢氷魚)さんのサングラス姿は、かっこいいですね。


■そして、ドラマを一番盛り上げたのは、クライマックスで流れる主題歌(ミレイさんのus)ではないでしょうか?


『好きだと言ってしまえば 何かが変わるかな』


という歌詞と共に流れるメロディーとリズムが、たまらなくいいです。


好きな人になかなか好きという事が言えない切なさが、非常によく伝わってくる歌詞で、鐘子さんの気持ちともリンクして、ドラマが終わっても、何度も聴きたい曲です。


■そして最後に一言。


鐘子さんカップルも、葉子さんカップルも、現実をみると前途多難ですよね。


丈は、カメラマンとしては、致命的な手術の後遺症を追っています。


風太(瀬戸利樹)くんは、ボクシングで何処まで勝ち残っていけるか、心配な状況です。


そういう状況の中で、仲の良い姉妹二人は、支え合い、知らず知らずに、影響し合い、人生の表と裏をお互いに行ったり来たりして、生きて行くのではないかと。


宮沢賢治の双子星のように!


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ