So-net無料ブログ作成

7人の刑事2019年度9話感想!第二次世界大戦の見つめ方!支配と被支配! [テレビ朝日]

スポンサーリンク





2019年9月11日の第9話の放送を観ました。


7人の刑事、初回から、観ていますが、どんどんレベルが、上がっているように感じています。


7人の刑事は、投稿するドラマから外していたのですが、今回は、投稿の衝動にかられました。


バイナリー式毒物で、人が殺されるストーリーでした。


71年前に起きた事件そっくりの事件が、起きました。


結論から言うと、71年前に戦争から帰還した人物が起こした事件でした。


そして、その人物とそれをサポートしていた、若者が関わっていたという結末でした。


その若者のコメントが、興味深かったです。


第二次世界大戦は、燃料を確保するために領土を広げようとしたわけではなく、支配されている国を開放しようとしたのだと主張していました。


そして、今回の事件を起こしたきっかけも、支配と被支配の関係からの開放だったということでした。


今回の事件のきっかけになったテーマというのは、非常に重要な社会の課題を投げかけているように思います。


第二次世界大戦で行った日本の行いが、全て悪いようなイメージをもってしまう報道は、多いと思います。


■第二次世界大戦で、日本は、悪くないと言いたいわけではありませんが、イロイロな角度で、日本の行った内容を、日本国民一人ひとりが、みつめて行く必要があるのではないかと思います。


念のため、申し上げておきますが、ドラマの中で投げかけられた支配、被支配の関係の事ですが、現代社会は、昔に比べれば、そのような関係ではなく、自分自身が、努力して、対等な関係にできるような社会の仕組みが、あると思っています。


■犯人の正義感のような気持ちを尊重してあげたとしても、今の社会の仕組みを熟知していれば、支配、被支配の関係からの開放のために、殺人を犯す必要はなかったと言えると思います。


犯人の目指すビジョンが、別の方法で、実現できたら、良かったのではないかと思います。


良く出来た回だったと思います。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)