So-net無料ブログ作成

Heaven?ご苦楽レストラン最終回感想!店員と親しくなる方法!伊賀くんの生き方! [TBSテレビ]

スポンサーリンク





​2019年9月10日の最終回の放送を観ました。


■お客様との距離感がテーマの最終回でした。


なぜ、最後のテーマが、距離感なのかは不明です。


最後の理由を考えなければ、いろいろと感想が、浮かびます。


実際のお客様の立場に立ってみると、筆者もプレゼントをあげたいと思えるお店の方に出会った事が、あります。


実際に、お店の方にメッセージカードを渡しました。


お客側からすると、サービスに感謝して、何かあげたり、親しくなりたくなるものだと思います。


しかしながら、オーナー(石原さとみ)が言うように、距離感を保つように、おのおののお店のオーナーから、指導が出ているのでしょうか?


お客様との距離感を保とうとしているサービスは、多いように思います。


お客は、なんとか、その距離間を壊そうとします。その攻防戦は、物語になるくらい面白いエピソードが、あるのではないでしょうか?


ドラマの中で、距離感を保たなくても良い実例を、ひとつ紹介していました。


川合(志尊淳)くんです。


元々プライベートと仕事の区別が付いてないから、元々、距離感がないため、お客様と近くなっても良いと言う事でした。


店員さんと親しくなりたいならば、川合くんもような方に出会えれば、オーケーという事になります。


■その距離感を保てていないのが、実はオーナー(石原さとみ)だという事を、伊賀くんが、悟らせてしまいました。


そして、謎の紳士は、数十年後の伊賀くんだった事も、明らかになりました。


お客様とそして、オーナー(石原さとみ)と、程よい距離感を保ち、長い期間をサービスマンとして、精進された伊賀くんだったのですね。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ