So-net無料ブログ作成

監察医朝顔!9話と10話感想!山口智子さんの魅力を再確認! [フジテレビ]

スポンサーリンク





​2019年9月9日と16日の第9話と第10話の放送を観ました。


さぶちゃんこと、三郎(きづき)さんの奥様の結衣(松長ゆり子)さんが、階段から落ちて、朝顔(上野樹里)さんが、解剖することになりましたが、手が震えて、結局、茶子(山口智子)先生が、しました。


9話では、三郎さんが、階段から突き落としたのではないか?と推察されていましたが、10話めで、執念の検証が、継続的して行われ、階段から落ちる1週間前に、自転車で倒れた時に、内臓を痛めたのが起因であるという結論に、至りました。


毎回、テーマは、ずっしり重いはずなのですが、不思議とその重さを感じさせないところが、凄いと感じています。


■重さを感じさせない理由として、茶子先生の明るさが、ひとつあると思います。


たまたま、徹子の部屋を観ていましたら、30年ぶりに、山口智子さんが、ご出演されていました。


ドラマの中で、茶子先生は、海外に出かける事が多いという設定ですが、実生活でも、相当海外に行かれていらっしゃることが、分かりました。


山口智子さんが、元々持っている人間的な魅力に、改めて気付かされました。


そして、以前も書きましたが、無駄の多いシーンが、不思議に和ませてくれていると感じています。


朝顔さん、メスが握れない状態が続いていますね。


次回、ご主人の安否が心配な状況のようです。朝顔さんが心配です。


■こんなにも、多くの試練を乗り越えて行けるのでしょうか?


茶子先生のサポートで、一回り成長して行ける朝顔さんだと信じたいです。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。